超メモ帳(Web式)@復活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

自分の乙女なところか結構コンプレックスなんだ。

f:id:yuki_2021:20170407213032j:plain:w300


4月上旬で26度。事務所では既にクーラーを使い始めてる。いや、僕も早すぎると思うのよ。でも、長袖だと汗かく感じになっている。もう半袖を出さないといけないだろうな。もううりずんなのかな?うりずんってのは沖縄だけの季節で、漢字では若夏と書く。デイゴの花が咲き始めたらうりずんである。体感的にはクーラーを使うほどではないけどじんわりと汗をかくようになるとこの季節である。これからずんずんと太陽が灼熱地獄のごとく猛威を振るいはじめ、アスファルトを焦がすぐらいの出力になるのが沖縄の四季である。僕は東京にもいたから内地の夏も知っているけど、沖縄の夏は太陽が容赦ないかわりに島国なので潮風も常に吹いている。なので室内とか日陰にいるとそれなりに涼しい。東京の陰湿な暑さに比べるとまだマシだとおもう。ウチナーンチュが見た東京の夏の感覚としては湿度がヤバイ。なんか関東平野が湿地帯のせいなのかしらないけど、風が吹き抜けずどんよりと湿気が積み重なっている。ビル街は室外機の排熱でクソ暑い上に風も吹かずジトジトとしていて沖縄の夏よりもきついぞあれは。なんというか、沖縄の夏はカラッとしてるんだわ。東京みたいに粘着質なジトジトムシムシって感じではない。ただし、沖縄の太陽の直射日光は強烈なのでまともに受けると火傷する。これは地元民はみんな知っているので日が落ちてからしか活動しない。なので、みんな宵っ張りなので、深夜営業の居酒屋で子供が走り回っていたりして辟易する。沖縄の夏の日中に外に出ている奴はナイチャーだなとすぐ分かる。そもそも沖縄県民は海にはいる時もTシャツ付けたりして直射日光は徹底的に避けるのである。もし、観光できて日光浴がしたいからと言っても沖縄の夏の直射日光でするのは自殺行為なんで止めておいたほうが良い。なんつーかさ、夏の日中で活動しているのは土方とか農家だけだぞ?実際にあってみたらわかると思うけど、沖縄で訳わからんぐらい真っ黒になっている人たちがいたらそれである。あれは健康的な日焼けというには程遠い。プログラマとかの僕みたいなオフィスワークの人種ははウチナーンチュであっても色は白いのさ。沖縄の夏に観光に来るなら日焼け止めは必須だろうねぇ。


さて本題。


みとめたくない自分の本性なんだが、結構、可愛いものが好きである。


いや、分かってる。「何いってんの?オッサンなのにコイツキモ!」ってのが殆どの読者諸氏の意見であろう。だが、なんちゅーかですね、見た目はむくつけき大男の僕なのだが、内面は乙女なのである。周りからの印象に答えるために硬派な姿勢とか、求められているであろう男らしさなどを対外的には誇示しているのだが、一人になると、少女同士の百合小説を読んだり書いたりしてドキドキしてたり、恋愛をテーマにした歌詞に共感しては一人で頷いていたりするのである。キモ!っおもった方、君はいままで僕のブログのどこを読んできたのだね?もともと僕はこんな露悪的な文章を書いて喜ぶタイプだ。


イラストとかでもですね、本当に好きなものはエロとかグロとかを全く受け付けないという荷厄介な性質なんですわ。一時期、イラストを集めるのを自動化しようと思って、pixivをキーワードで検索して画像をローカルに集めるクローラーを作ってネット上のイラストを根こそぎ集めるという事をしていたんですが、エログロが多すぎて全然実用的ではないということに気がついて止めた。僕がおかしいのか世間がおかしいのか分からないんだけど、なんでヲタは好きなキャラクターを虐めようと思うの?僕はそれが疑問だ。好きな作品の好きなキャラクターならば、それこそ脱がすのですら僕は拒否反応がでるのだが、ネット上の同人属性の人たちはそれどころじゃないイラストばっか描いてる。なんというか、エロいのがそんなに重要か?なんか、エロい絵を描ける絵師の方が偉いみたいな文化がpixivにはあるんだよな。はっきり言って止めて欲しい。なんで、好きなものを好きなままで愛せないんだ。こういう事を主張し始めると僕のほうがおかしいという反応されるのがtwitterとかの文化だったりするんだよな。なんで過激な方向に傾くのが正しいという傾向が出てきたんだろうな。世の中はおかしくなってるとおもうよ。


一応、小説でエロを書けないかと挑んでみたんだけど見事に惨敗である。想像し始めただけで暴走しはじめて頭に血が上って爆発して終わりである。一時期、えっちい百合を書こうと企んだのだけど、何故か片方が転生してNLになってしまい、しかもそこからシリアス方面に全力疾走を始め、よくわからないのだが良い話になってしまってえっちい雰囲気とかはまったくないままにそれで終わりである。どうも、僕はエロは絶対書けないタイプらしい。いやさ、百合とかはプラトニック一択ですよ。性的な方面に手を出したらただのレズビアンですよ。しっとりとしとやかな関係を追及するのが百合道ですよ。


なんかさー、マイルドな方向の嗜好を持つ人ってのはパッとしない気がするが、過激な方が正しいみたいな訳わからん性的嗜好を持つ人は大きな声を持っているだけである。一般のファンまでそっちの性癖に合わせて引っ張られるのはただの馬鹿ですよ。ただただ普通に可愛いものを愛でるだけの何が悪いんだ。こういう意見を持ってる方がマイノリティらしい。困ったものだ。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項