読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

優しい文章を書きたいなぁ。

writing

f:id:yuki_2021:20170123215033j:plain:w300


キングコング西野が出した絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開して炎上している。


lineblog.me


僕的にはさー、炎上するような事かこれ?って感じなのよね。というか僕はクリエイターみたいな物を作る人たちは無条件で尊敬してしまう所があるのよ。キンコン西野は言葉の使い方とかは悪いんだけど、普通に偉いことしているとおもう。だから僕がヲチする先は攻撃している人たちである。


twitterで条件反射で批判しようとした人たちが暴れてるみたいだね。ま、言わんとする事は分からなくもない。プロがこんなクオリティの高い作品を無料公開とかすると、アマチュアでコツコツと活動してきた人たちは干上がっちゃうからね。批判するアマチュア作家達は作品で対抗すればいいと思うよ。僕もワナビだから誰にも相手されない苦しみは分かるけどさ、「クオリティが高い作品を無料公開するから駄目だ」って批判の仕方はダサすぎると思うよ。努力して追い抜いた時に初めてキンコン西野を否定できると思う。まぁ、キンコン西野は炎上商法を熟知してwebを利用している感じなので、この反応の仕方自体がキンコン西野の思う壺だろう。


元祖・炎上商法といえば長谷川豊だが、奴は天然に近い炎上体質だったらしい。大炎上の炎にまかれて全ての仕事を解雇されて、今では元アナウンサーのニートになってしまったが、それでもブログでネットが悪いと言い続けている。本当に謝ったら死ぬと思ってるようだ。これ以上の追及をすると家族離散とかホームレスとかの言葉が浮かぶので人道主義的な立場で攻撃はやめておく。まぁこれ以上の追撃のしようのない無敵の人を相手してらんないという意味だけど。キンコン西野の爪の垢でも煎じて飲ませたいものだ。炎上して伸びる人と潰れる人の差はどこにあるんだろうか? ちょっと調べてまとめたらウケるかもしれないな。


さて、ヲチャーの話題からなめらかに文章の話に移る。こんな事を書いておいて舌の根も乾かぬうちに「優しくなりたい♡」なんて言ってしまうのである。この落差が僕のブログの魅力である。


なんかね、僕は休日には小説を書くの。これは新人賞取りたいとか金になるかもって考えよりは、頭の中で展開している世界を書き留めておかないと気がすまないって感じで書いている。書いている内容も東方の二次創作だしね。オリジナルも書いたりするんだけどさ、東方二次創作の界隈はものすごいレベルの高い人が多くてね、その人達の作品を読んでしまうと東方の世界観から離れられなくなってしまう。なんか東方二次創作はオープンワールドでの複数作家たちのハイ・ファンタジー連作になってるの。クトゥルー神話とかSCP Foundationみたいな感じ。幻想郷という世界観でキャラクターを動かして理想の物語を作りたい人たちが集まってきている。野田文七さんとか同人作品でプロになってしまう人まで出てきている。まぁ、東方全盛期に比べると人は減ったけど熱量はむしろ高まっている感じだね。少しでも興味を持ってもらえたなら是非、おいでませ東方創想話。


最新作品集 - Coolier - 新生・東方創想話


pixivとかハーメルンとかでも東方二次創作は行われているんだけど、あそこに居るのはレベル低い作家ばかりだね。なんか中学生ぐらいがちょっと背伸びをしてクロスオーバーとか幻想入りシリーズを書いている感じ。掘り漁ってる時期もあったけど良作に当たる前にスコップが折れてしまった。彼らにアドバイスするなら、幻想入りして最初でルーミアを出す時点ですでにやり尽くされているから戦闘パターンを変えればいいという訳じゃない。あと、オリキャラ出したいならせめて性格の描写ぐらいしっかりしてくれ。バトルを書きたいのは分かるけど、なんか凄い能力を持った主人公無双は俺設定が出てきた時点で読む気を無くすんだよ。こういう作品を書いてる作家は東方創想話に来ては駄目だぞ? 東方創想話は幻想郷原理主義者ばかりだからオリキャラとか俺設定を出した時点で半殺しにされるぞ。せめて設定wikiを読み漁って作品と原作の矛盾を無くして、他のユーザの作品を読んで空気を読んで、最低限、原作を一つクリアしてから来てください。勘違いして心を折られる初心者をよく見かける。半年ROMれがこれほど似合う場所もなかなかないかもしれない。


さて、東方二次創作の話をし過ぎた。なんかね、優しい文章を書けるようになりたいの。このブログの文章ばかり読んでいる読者諸氏なら「は? 何言ってんだこいつ」って顔になるだろうけど、僕が小説を書く時は凄く繊細なキャラクターの感情を想像しながら言葉を紡ぎ出そうとしているの。キャラクターが絡む場面では、いい大人が赤面しながら濡れ場の台詞を考えているのである。それで気がついたんだけどさ、僕の書く人間関係は皮肉ばっかりが飛び交うなんか暗い人間関係なの。本当に相手を信頼して友情で結びついた人間関係とか恥ずかしくて書けない。だから百合でも生き死にが関わった瀬戸際での本音みたいな感じになっちゃってね、なんか読後感が重くて色んな人が読んでくれない。最後まで読んでくれた人は良いねって言ってくれるんだけど、それまでが重いシリアスになってしまって、書いてる本人ですら精神状態がどん底に落ち込んで書いている感じなのよ。明るくてハッピーな話が書きたい。どうすりゃいいんだろ? 今、ギャグを満載した作品を書いているんだけど、それですらシリアスな展開が入り込んでくる。自分で自分の文章を止められないのである。誰かアドバイスください。


最後に宣伝しておこうか。こんな感じの作品書いてます。


coolier.dip.jp

広告を非表示にする