読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

毎日書き綴る事の効用。

ブログ

f:id:yuki_2021:20170107205038j:plain:w300


さて、このブログの熱心な読者(居るのだろうかそんな方?)なら分かるだろうが、僕がブログ論に逃げる時はネタ切れ発生時だ。


韓国の慰安婦像をぶった切ろうと思ったが、そんな何番煎じになるか分からないエントリー読みたい? 政治的な話題だから書き方も探り探りになるし、そんなに思い切りの良いぶった切りにはならないだろう。割と産経新聞がちゃんと頑張っている感じだ。この問題は殴られたから殴り返しているだけだろう。国家間の関係は舐められたら終わりだから、今の所、日本政府のやり方は間違っていないと思う。軽く調べた感じでは韓国国内でも批判が起きているらしいよ? 反日感情だけで求心力を求めるやり方がいつまで通用するんだろうね?


母親を病院に連れて行ったので、暇つぶしに大江健三郎の『新しい文学のために』を読んだのだが、現状の自分には全く刺さらない本だった。大江健三郎は『同時代ゲーム』は読んだことがあるのだが、代表作の『万延元年のフットボール』は未読だ。ラテンアメリカ文学的な構造主義での創作をする人なんだなーという理解はしているけど、複雑すぎて訳わかんねーや。『新しい文学のために』も構造主義的立場で神話的無意識を物語に持ち込むにはどうすれば良いのかのヒントを書いていると思うんだけど、文学的すぎて意味ワカンネ。わかった振りをして色々とトークできたら格好いいんだけど、自分の創作者としての器では大江健三郎の文学理論は理解できないらしい。もっと古典をたくさん読んで、執筆経験を積まないと理解できない境地なんだろうな。


冒頭から文学理論とか出してきたが、僕が毎日長文ブログを書く理由は文章の上達のためだ。一応、このブログのエントリーの条件は2000字以上で第3者でも興味持てる話題に絞っている。それなりに文章力は上達を見せているし、新たな境地に目覚めつつある。そのあたりは下記でも書いたので興味があれば読んで欲しい。


yuki-2021.hatenablog.com


上記では30分で2000字書けると言ってるけど、実際は調べ物をしながらなので1時間ぐらいだな。よほど何も考えないで書ける様な話題なら30分でも書ける。でも色々と興味を持たせる話題を加えたいので、本を調べたり、Webを検索しながら書くので1時間オーバーするぐらいは掛かるね。プロのエッセイストとかどんな生活しているのか凄く興味がある。ブログの文章はどんなに頑張ろうとなんか薄いからな。数多くの読者を楽しませる文章を書くにはどんな生活を送れば良いのかはいつも考えている。


よしもとばななが何処かで書いていた文章だけど、文章はピアノと一緒で毎日書いていないと書かなかった分だけ下手になるという趣旨を読んだことがある。確かにこれは真理だなと思う。まぁ、父親吉本隆明で、あんな普通に文章を書いても小説になってしまう天才と自分を比べても悲しくなるだけなのだけど、素人でも素人の枠組みの中で毎日書けば成長するよ。そこからプロデビューするにはどうしようもない才能の壁を超えないといけないのだけど、練習していない天才よりは努力家の凡才の方が味わい深い文章を書く。


ブログはさ、僕みたいな小説家志望のワナビが文章練習するには凄く役に立つ場所だよ。長文でも嫌がられないし、書いた文章に対してレスポンスがある。よしもとばななが言ってるように文筆家を目指す者は毎日書かないといけない。ブログという場所は、毎日ネタ探しをして文章を書いて感想を貰うという、理想的な学習の高速道路になっている。


まぁ、どのweb文化圏で書くかによっても影響が出てくるか。アメブロなんかで長文を書いても受け入れられるのかねぇ? あそこで見かけるのは一行ごとにすっげぇ改行を入れてスクロールバーが伸びまくってるブログしか印象がない。たまに初心者のweb小説でも見かける技法だけど、読みづらくね? 多分、普通に読むとすぐに読み終わっちゃうから余韻を持たせたくてやってることだと思うけど、文章を読み慣れた人にとっては面倒くさいだけだから止めた方が良いよ? まぁ長文書きたければはてなですね。編集画面のインターフェイスも使いやすいし、1万字クラスの長文エントリーを書いても普通に感想が書かれる文化圏はここだけかもしれん。普通のブログでも燃え上がるから炎上耐性がないと耐え難い場所だと思うけど。


まとめよう。文章が上手くなりたいのなら、毎日書け、みっちりと書け。最低でも2000字は毎日書き続けろ。僕はブログと同じぐらいの文章量の日記を毎日書いてるぞ。作家になりたいとか言っているのに妥協してちびちびとした短いエントリーを書いてるやつにプロは絶対無理。しかも、ブログに書く文章ならば読者を楽しませる文章力は必要だろう。量を書くのと並行して質を上げる理論の勉強もしないといけない。この程度の努力もしないで泣き言ばっか言ってる奴はぶん殴りたくなりますね。とにかく、毎日書け、みっちり書け。

広告を非表示にする