超メモ帳(Web式)@復活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

ブログとは別に日記を書いた方が良いっすよ。いやはや日記最強。

f:id:yuki_2021:20170429220650j:plain:w300


GW初日。特に何をするでもなし。ほぼ一日眠るというぐうたら人間の悦楽時間を満喫。いやヤバイ。時間があるんだったら何かしないといけない。手がけている小説なんかも2万7千字程度で停滞している。最近はインプットの為の読書もあんまりできていない。明日は図書館に本の延長に行かないといけないんだ。インプットは意識的にやらないとブログの文章が薄っぺらいものになっていく。ブログを書くことを習慣化できたら、書くことはそんなに難しいことでもないのよ。むしろ、やらないと気持ち悪いぐらい。でも、その書く文章に意味合いを与えられるかは書き手次第さ。文章の密度というかさ、内容の濃さは日々の経験、読んだ書籍が確実に反映される。鰻屋の秘伝のタレは毎日毎日手入れされて味わい深さを保持することが出来る。ブロガーの文章だってそんなもん。毎日毎日、インプットに時間を費やして新たな要素を付け加えていかないと、いつかスカスカの文章しか書けなくなっていくだろう。日々鍛錬。文体を鍛えることは筋肉を鍛えるのと似たり。一定量の負荷をちょっとずつ加えていく事で、できなかった表現が出来るようになっていく。文体鍛錬はボディービルディングとも違って一生楽しめる趣味だからね。皆様も是非やってみてくださいませ。


さて、ネタ切れ。僕がネタ切れの時にはブログ論に走るというのは熱心な読者諸氏ならとっくにご存知であろう。だが、今回はパターンを変えていく。僕はネタ切れネタ切れといつも連呼しているが、実はネタ切れ回避策ってのは長年に渡るブログ運営で技術は身につけているのである。簡単な理屈なので、今回は皆様にも覚えていただこう。コミュニケーションの方法論として会話を長く続けていく方法としては「話題を広げる」か「話題を掘り下げる」という2種に分けられる。話題を広げるというのは、次々と新たな話題を提供して興味を引きつける方法だ。だがこの方法の弱点として、本人が知っていない話題については語り様がないというのがあげられる。実際にコミュニケーションの現場に立った時に話題が無くなると頭が真っ白になってしまうのである。これが「ネタ切れ」と呼ばれる現象であろう。では、もう一つの方法、話題を掘り下げるについてはどうだろう?実はこれがネタ切れ回避策として使える理論なんである。自分の中にある知識を他の知識と掛け合わせたりして、新たなネタを生み出す。これが出来たら殆どネタ切れという悩みからは開放されたも同然である。では、具体的な方法に移ろう。話題を掘り下げるにはどうしたら良いのか?それは、「自分のブログを読み返して、更に内容を深めたいエントリーをリライトする」という簡単な方法である。書いたエントリーというのは自分の興味のある内容であるはずである。それを更に新たな情報などを加えて深めていけるならば、ブログとしての全体的な品質も深めていける。これがSEO的に効果のあるライティング方法なのかは寡聞にして存ぜぬが、毎日更新などをして常にネタを考えないといけないブロガーにとっては常套手段ぐらいには使える方法である。自分のブログはみっちりと読み返して、書けそうなネタは常に頭に残しておく様にしていれば毎日更新も難しくないはずさ。


さて、ブログライティングに関して理論展開なんかをしているが、これは文字数稼ぎのために書いたただのヨタである。真面目に読んだ人居る?信じちゃ駄目だよ、僕が書いている文章ってのは基本的には舌先三寸のその場を凌ぐためだけのデタラメばっかりなんだから。理論武装をしてそれなりに見える論を展開をしていることもあるが、大概の場合は鼻くそでもほじりながらぽちぽちとキーボードを叩いて生み出されたゴミみたいな理論である。というか、こんなに簡単に他人の言うことを信じる貴方が心配だ。僕はある程度までは自分の理論に関しては論拠らしきものを持ち出してきたりして確からしさを高めようとするが、プロブロガー人種などは自分の頭さえ使っていないコピペ文章で時間や金を奪おうとしてきますからね。このデマとデタラメが蔓延している現代社会では簡単に人を信用すると、貴重な時間と金を奪われますよ。何を信じるかは自分で決めよう。自分の頭で考えよう。


さて、本題に入るかな。現在、1806文字。程よく文字数を稼げた。今回はリライト企画である。過去のエントリーを掘り返してネタ切れから脱出しようという算段だ。


yuki-2021.hatenablog.com


ブログは11年書いてるけど、日記に関しては15年書いている。まぁ、僕が何かを書くことが好きだから続いている習慣だ。だけど、日記ってのは最強の習慣であると信じている。なんというかですね、メンタルヘルス的になにか苦しいことが起きても大丈夫な自分を作る方法ってのは、日記を書くことだと思うんすよ。ブログには個人情報とか心配で身の回りの事を細かく書けないじゃないですか?日記は嫌な奴を徹底的に罵倒しようが、ムカつく奴の幼少期から死ぬまでの人生をコケにした小説を綴ろうが自由である。僕はブログではそれなりにポジティブな事を綴ろうとしているが、日記では徹底的に暗い。誰それがムカつくとか、アイツを型に嵌める為にはどうすればいいのだろうとかそんなことしか書いてない。なんつーかですね、これがストレス解消に役立つのですよ。だが、気をつけないといけないのは、この日記は墓まで持ち込む覚悟で保管場所を決めないといけない。引き出しの奥に大量に過去の日記帳が眠っているんだけど、これどう保管しようか悩んでる。今でも多少、虫が喰ってるんですよね。デジタル化する方法を考えないといけないな。

プレミアムフライデーというわずか3ヶ月で忘れ去られた存在。

f:id:yuki_2021:20170428231923j:plain:w300


今週のお題ゴールデンウィーク2017」


プレミアムフライデーという存在を皆覚えているだろうか?僕は既に忘却の彼方だった。まぁこういうのは勤め人の方が覚えているよな。僕は今ん所、絶賛無職だもんな。しかしまぁ幸が薄いイベントだよな。3月は年度末、4月はGW前。だれもそのプレミアム感を感じ取れる人はいないだろう。むしろ、土曜日に食い込んで消滅した昭和の日の方が苛立たしいという物悲しさ。あまりもの侘しさに一句詠めそうだが、それほどの思い入れがあるわけでもない。こんな悲しい境遇の存在には鬼束ちひろの「月光」の歌詞を送ろう。

I am GOD'S CHILD[私は神の子供]
この腐敗した世界に堕とされた
How do I live on such a field?
(こんな場所でどうやって生きろと言うの?)
こんなもののために生まれたんじゃない


月光 歌:鬼束ちひろ 歌詞:鬼束ちひろ 作曲:鬼束ちひろ


合掌。


さて、今日は運営の今週のお題でもやってみようかな。GWなにしてんだ?だってさ。さてなにしようか?僕は1日2日は事務所に出席なのさ。9連休とか夢のまた夢だね。


しかしまぁ9連休とかダレそうな気がするな。僕の感覚的な話なんだけどさ、あんまり連休が続きすぎると仕事が辛くならない?週5勤務というルーチンを回していたほうがかえって疲れないよな。しかしまぁ、僕は結構特殊かもしれない。なんつーかさ、働いていた時期も休日は疲れるから休日出勤とかして職場に常駐していたのよ。家にいるとなんとなく気疲れしちゃって職場の方が気楽なのさ。


まぁ僕のマネはしたら駄目だよ?休日出勤したせいで、雇用契約上の休日数とかを満たせなくなって総務から怒られたりしてたからな。なんか、僕が働き始めるとワーカーホリック気味になるの。皆はバリバリ働いているのが気持ち良いとかいう感覚とか分からない?PDCAサイクルをガンガン回しまくって業務を効率化するのが快感なの。だからブラックで使い潰されるまで働いちゃうんだろうな。


僕の仕事観は、きっちりとフルタイムで勤めて全力で仕事を取り組むと趣味も人生も満たされるという労働バンザイなタイプである。プロブロガーとかの人種が「人生を自由に生きるために仕事を辞めました」ってのはバカジャネーノってなってしまう。なんだろう、働きたくても働けない人もいるんだぞ?例えば障害者になったらフルタイムで働ける仕事ってのは限られてくるんだぞ?五体満足できっちりと働ける若者が、まともに社会にも触れない引きこもりと変わりない人生で、金だけを生きがいにして生きるってのは不幸な人生だと思いますけどね。まぁ自分のほうが今の社会ではマイノリティってのは自覚してる。だからそのうちバリバリ働いて仕事を舐めきった連中の考え方をきっちりと覆したい。まぁ今は雌伏の時ですよ。


さて、僕の仕事観は良いのさ。プロブロガー人種などとは真逆だね。大の大人はちゃんと働いていないと恥ずかしいみたいな昭和の人間の考え方なのさ。仕事観は良いかな、お題の内容のGWの予定なんかに触れていこう。


一応さ、軽く旅に出ようかとも思ってるんだよね。とはいえ、JK(ジリ貧金なし)の僕が出来る旅なんて沖縄本島内でちょろっと日帰りドライブするぐらいなんだけどね。ちょっと北部にでも出かけようかな。やんばるあたりでも彷徨ってくるさ。


んー、金武町でも行ってみるかね。金武町はさ、タコライスの町なのさ。


www.kin.cc


まぁ色んな店があるけど、一番のオススメはキンタコこと、キングタコスさ。元々、タコライス発祥の店である「パーラー千里」のオーナーのチェーン店がキングタコスである。「パーラー千里」が閉店しちゃってね、ちょっと奥まったところにしかキングタコスはない。でも、一番ボリュームがあって美味しい店はキングタコスさ。


お手軽に済ませたいなら「ゲート1」かねぇ。場所はキャンプハンセンのゲート正面。329号線沿いにある。ちなみに、僕のプロフィール写真は「ゲート1」の遠景である。なんか沖縄っぽい画像はないかと探してみた所、この画像を使った。ちょっとリニューアルしようかな。宜野湾の普天間星条旗と日の丸がはためいている写真でも使いますかね。


あと金武には本土の観光客なんかはこないスポットもあるのさ。金武大川あたりなんか夏は涼しくていいよ。以前、行った時の写真があるから貼っておこう。


f:id:yuki_2021:20140412133020j:plain


f:id:yuki_2021:20140412132758j:plain


f:id:yuki_2021:20140412132529j:plain


こういう所でぼんやりとして、あとはふらふらーっと海中道路に行ったり名護の方面まで彷徨っていくのが僕のGWとかの長期休暇のプランなのさ。ちょっと仕事でもして金ができたら、北海道でも行きたいものだねぇ。

はてなブログを始めた人を応援する企画です。

f:id:yuki_2021:20170427215915j:plain:w300


沖縄の梅雨入りは東京より1ヶ月早いのさ。ここの所ずっと雨模様でなそろそろ入るかな?GW明けぐらいには梅雨宣言されそうだな。


特に意味はないがSHAZNAの『SWEET HEART MEMORY』の歌詞を思い出した。中学生ぐらいの時、深夜ラジオを聞いていてこの歌詞の一節がやたら頭に残っている。



SHAZNA- Sweet Heart Memory

繰り返す日々の真ん中を
色褪せた過去が包んでも
何時かは忘れられる
そうだよ一人じゃない君も僕も…


SWEET HEART MEMORY 歌:SHAZNA 歌詞:IZAM 作曲:A・0・I


この曲を聞いていると、やたら寂しくなって胸を締め付けられるように感じる。深夜ラジオのエンディングの一曲だったんだ。SHAZNA自体は別に好きでも嫌いでもないんだけどこの曲は思い入れ深い。思春期の感じやすい時に聞いた曲とか読んだ本は結構、後々まで響いてくるものさ。その人を形成する趣味とか思想は大体、中学生ぐらいまでに聞いた曲とか読んだ本で作られていると思うね。


さて、新企画を思いついちゃったからやってみようかな?


今日の昼さ、暇だからはてなブログの新着エントリーを川の流れでも眺めるように流し読みしてたんだ。そして思ったんだけどさ、新着エントリーには新しくブログを始めた人がいつも多いなーと思ったんだ。だが、恐るべきデータが有る。


gwgw.hatenablog.com


半年で9割の人がブログを辞めるなら、1年だと18割の人が辞めてしまう。100年だとなんと1800割の人が辞めてしまうのだ。恐ろしい話だ。僕は文系プログラマだから統計学は詳しくないが、ぐわぐわ団という確かな筋の情報だから間違いないだろう。


そこで僕は考えた。はてなブログを始めたばかりの人を応援して、ささやかながらブログを辞める人を減らしていこうという企画だ。つまりは新着エントリーで見かけた、テーマをデフォルトから変えていないような新人ブログに言及して、全力で応援してやろうという恐るべき企画なのである。


無論、相手を驚かせてはいけないから派手なツッコミなんかはしないし、ここで企画説明をしているのである。はてなブログをあまり知らない人に説明しておこうか。はてなブログでは相手のブログのURLを記載して更新すると、相手に通知が飛ぶのである。つまりは他のブログサービスならばトラックバックと呼ばれるような機能がURLを記載するだけで出来るようになっているのである。そして僕はブログを始めたばかりの赤の他人にいきなりトラックバックを飛ばして応援してやろうと言う事をしているということだ。


そしてこれから選ばれて通知が飛んできた人に対する説明をしましょうか。


はてなブログで2006年から雑記ブログをさせていただいているyuki_2021というものです。まずは「ようこそ、はてなブログへ」とお祝いさせていただきます。ブログは楽しいですか? 続けていくともっと楽しくなりますよ。継続は力なりという言葉があります。是非とも辞めずにブログを続けて行って下さい。ちなみに僕が面倒くさいなら無視してもらっても構いません。僕が勝手にやったことです。返信は不要です。


さて、始めようか。


halkly.hatenablog.com


halklyさんはじめまして、僕も沖縄でwebプログラマをさせていただいております。泡盛では残波の黒が好きです。ブログのテーマは特に決まってないのですね。技術ブログとか情報共有の意味でプログラマの趣味としてオススメですぜ。ちなみに僕ははてなダイアリーからのユーザーなのでずっとはてな記法で書いていますね。これからも頑張ってください。


次いってみよう。


foxg.hatenablog.com


リュウノスケさんはじめまして。僕は初めてやった人狼ゲームでいきなり占い師を引き当てて人間サイドに大迷惑を掛けて、ゲーム終了後に吊るし上げられたという悲しい過去を持っています。今でも人狼は怖くてできません。ブログは何を書いても良いのです。テーマなんて下手に決めないほうが良いですよ。これからもがんばってください。


kuuga.hatenablog.com


はじめましてクウガさん。良いっすね仮面ライダー。ちなみにアギトが好きです。僕は熱心な東方Projectファンですね。ヲタが蔑まれる現状は最近は減ってきたとはいえまだまだ田舎では根強いですよね。沖縄なんて最近、一軒だけあったアニメイトが潰れてグッズショップが一軒もないのです。ヲタが差別されない世の中になるといいですね。これからもがんばってください。


こんなもんかなぁ。特に不評がなければまたやってみようかな。

空手でも習おうかなーと思ってるんだ。

f:id:yuki_2021:20170426220532j:plain:w300


今村復興相が派閥のパーティで「東日本大震災の復興は着々と進んでいます。まだ東北で、あっちの方だったから良かった。これが、もっと首都圏に近かったりすると、莫大な、甚大な被害があったと思う」と失言。同じ公演会で挨拶に立った安倍総理が謝罪するというとんでもない事態になった。この今村復興相だがこの失言の他にも「自主避難は本人の責任」「裁判でも何でもやればいい」と東北の被災者の傷口に塩を塗る発言もしていた。「東北でよかった」発言のその日に今村復興相は辞職させられた。当たり前だ。公人がしていい発言じゃない。安倍総理任命責任も問われている。


この今村復興相の「東北でよかった」という震災の被災者を舐めきった言葉が何故かTwitterで悪魔進化みたいなおかしな現象を引き起こした。


www.buzzfeed.com





東北の良い所を色々と知るためのハッシュタグになってるみたい。twitterやっている人は検索してみたら?


いやさ、twitterは僕的には「もういいや」みたいに見放している所があるんだ。でも、こういう面白いムーブメントを見てしまうとまたやりたくなるな。だからこそMastodonなのかなぁ。pixivのMastodonインスタンスは登録しなくてもpixivアカウントで入れるらしいんだわ。僕がSNSをやり始めると、逆にネット中毒を起こし始めるんだわ。いいねとかRTを集めるためになんでもアリになり始めるのよ。止めといた方がいいな。ブログだけで十分だわ。一時期、本当に生活をtwitterに支配されて不味かった時期があったのよ。


さて今日の本題。ちょっと前に豊見城市沖縄空手会館に行ってきた。写真なんか貼っておこうかな。


f:id:yuki_2021:20170321102150j:plain


f:id:yuki_2021:20170321111054j:plain


f:id:yuki_2021:20170321112435j:plain


沖縄空手会館は空手がオリンピックの正式競技に選ばれたことを記念して作られた空手の博物館みたいな所さ。空手の歴史とか、武具とか練習道具の展示がされている。空手の各流派の成り立ちとかは割と興味深かったな。なんか、極真の扱いが微妙。ひょっとすると極真空手とはあんまり仲が良くない派閥が作った施設なのかも。沖縄の柔剛流とか上地流とかがメイン。でもさ、噂に聞くところによると大山倍達は沖縄の古流空手とは組合するのは避けていたらしいよ。先輩後輩の関係で頭が上がらなかったらしいんだわ。あと、沖縄の古流の使い手はガチで殺しに行く殺人拳だからって所もあるらしい。沖縄の古流空手は目潰しとか金的がありありのバーリトゥードである。そもそも、薩摩に刀を奪われた沖縄の侍が隠れて受け継いできた暗殺拳が空手の元になっているので一撃必殺が旨になっている。上地流の使い手とかは相手の鎖骨を親指と人差指で掴んで砕くらしいよ。


ホームページでも置いときますかね。どうも出来たばかりでリンク切ればっかなんだ。ちなみに館内にあるそば屋は観光客向けだから行かないほうがいいよ。そば一杯で900円などというふざけた値段する。こういう内地から来た人を舐めた商売していると嫌われるけどなぁ。


karatekaikan.jp



最後に私事だけどさ、空手を習おうかなとも思うんだよね。近所に道場はあるんだよね。でも流派が極真なんだわ。やるんだったら沖縄の流派をやりたいな。福建少林寺唐手道という空手の源流の中国拳法の道場も近場に見つけた。まぁ沖縄だから空手道場自体は色んな所にあるんだよね。あとはやるだけか。

怒りをきちんと表明することの難しさ。

f:id:yuki_2021:20170425214255j:plain:w300


さて、どうしたもんかね。そもそもそこまで粘着質な政治的文章を書くつもりはないのだが、どうにも苛ついてね。


辺野古の埋め立てが開始されたね。沖縄県民の同意も得ずに強引に進めるのが現政権のやり方なのかと憤慨してる。朝日新聞でこんなアンケートがあった。


www.asahi.com


県民の65%が辺野古の埋め立てに反対している。思ってたより低いな。体感的には8割以上は行ってる感じ。まぁ琉球新報とか沖縄タイムスなどの地元メディアが毎日そればっか取り上げてるからだろうな。


翁長県知事はなにがなんでも辺野古建設阻止をすることを表明している。県与党のオール沖縄は辺野古基地建設反対で団結した野党連合である。沖縄県民は経済などの他の問題よりも辺野古基地建設反対を選んだ。つまりはこれが沖縄の民意だ。鬼の首を取ったように最高裁での敗訴を言ってくる人がいるが、それで反対派を納得させることが出来ると思う?沖縄県民の反基地は理論なんか超えた所にモチベーションがある。


沖縄戦で日本の捨て石にされて沢山の県民が亡くなった。そんな歴史を持つ沖縄の土地に米軍基地は日本の73%が集中している。米軍は極めて沖縄県民を舐めている。ヘリやオスプレイを落っことす。実弾演習の流れ弾を住宅街に撃ち込む。中学生の女の子をレイプする。こういう逆鱗に触れるようなことをした上でさらに新しい軍基地を作りたいと言っている。人を馬鹿にするのもいい加減にしろといいたい。


本土の安全地帯で、オスプレイの重低音も戦闘機の爆音も聞こえない場所から「辺野古基地移設を受け入れろ」などと言ってくる方がいらっしゃるようだが、是非とも君の家の隣に米軍基地を受け入れて欲しい。これが日本の民意だからというような論理で基地を押し付けてくる奴は、沖縄への差別意識を見えないふりしているだけだ。実際、他の県は沖縄から米軍基地を県外移設しようとすると住民が反対運動を起こす。綺麗事は沢山言うが、危険な基地を生活圏内に入れたくないのだろう。沖縄県民から言わせてもらおう。米軍基地を引き取るつもりもないのにいちいち反対運動にまで口を挟まないでくれる?実際に出来もしないのに綺麗事だけ言うのは薄っぺらい戯言である。沖縄に辺野古基地移設を気分良く受け入れてほしいなら沖縄戦で親族を殺されたウチナーンチュを一人残らず説得してみせろ。


あーうんざり。読んでる方もうんざりするだろうが、書いてる方もうんざりするのである。何が悪いって沖縄への差別意識を自覚もできてないのに辺野古基地で極論を飛ばすような奴が悪いのである。言っとくけど僕はまだ優しい方だぞ?相手がガチな奴ならいきなり殴られても文句言えんぞ。覚悟もないのに沖縄の軍基地問題を扱うのは止めておいたほうが良い。


なんだかなぁ、今日の本題は前置きに引っ張られたテーマさ。コミュニケーションで正しく「怒り」を表明するのは難しいというお話さ。


僕は統合失調症の当事者である。障害者にありがちなのは差別である。僕は一見すると健常者と全く変わらないので日常の場面で差別されることはないのだが、消極的な差別はよく目にする。


例えば精神障害者デイケアや作業所などの授産施設に通うことになるのだが、そこの職員は極めて優しい。優しいならいいじゃんっていうかもしれないけど、面倒事に本気で関わりたくないからっていう優しさなんである。何も考えずに日常をダラダラと過ごしているような障害者は極めてわがままである。この手の厄介者は、優しい職員に自立心をスポイルされて社会に全く通用しない性格を作り上げて現在に至るのだろう。職員は性格的に真面目な人が多いけど、福祉の現場という場所では、本気で障害者の事を考えて怒るような職員は長続きしない。仕事をルーチンで回すことが上手い人だけが残っているような気がする。


職員は子供でも扱っているような態度なのよ。デイケアとかで周りの障害者はこれを普通として受け入れているらしいんだが、大の大人がいちいち何するにしても「すごいね~」とか褒められるような態度をされて気持ち悪いとは思わないんだろうか?なんか、障害者の側にも問題があるよ。ちょっとしたコミュニケーションのすれ違いぐらいで本気で怒ったり、精神的に落ち込んだとかいって休んだりするのよ。精神的に成熟していないのである。


僕の障害者歴はまだまだ短いので経験不足な面もあるだろう。だが社会人経験を10年以上してきた身としては福祉の現場は異常だ。直接的でないだけで消極的な差別は溢れているのである。これはやっているコミュニケーションの意味を意識して考えないとスルーしてしまう問題だ。未だ日本にきちんとしたノーマライゼーションの文化が根付いていない事に端を発するのだろう。ノーマライゼーションを深めていく取り組みは健常者側だけの問題ではない。障害者も消極的な差別に気づき、きちんと健常者が分かる言葉で「怒り」を表明していかないと何も変わらない。

雑記ブロガーがアクセスアップを狙うにはどうしたら良いのか?

f:id:yuki_2021:20170424214922j:plain:w300


今日の前置きは本題とも関係あることなんだけどさ、無料で検索エンジンの順位チェックをできるwebサービスを見つけたんだ。


www.gyro-n.com


本格的にSEOするならさ、検索エンジンでの定期的な順位チェックというのは必須項目なんだ。このGyro-n SEOってやつはgoogleアナリティクスと連携して使えるらしい。ちょろっと無料ライセンス分でどの程度の使い勝手なのか試してみている。無料ライセンス分で検索語数は10個までだってさ。ちと検索語数が足りんな。webツールだから外出先でも使えるって所を評価したい。僕が普段使ってるのはコイツ。


seopro.jp


GRCは20キーワードまでは無料。マネタイズを企んで本気なSEOをするなら検索語数はこれだけでは足りない。検索語数を500まで増やすならベーシックプランで1年間4,860円になる。まぁ、僕はそこまで本気でマネタイズとかをやってるわけではないので無料プランの20キーワードで十分。それでもGoogleアルゴリズムの変動なんかは察知する事ができるからね。


僕のブログではさ、「超メモ帳」とか「林先生 精神科」なんかのキーワードで検索順位変動を観測している。「超メモ帳」とか全然ブルーオーシャンだと思えるでしょう?実は「超メモ帳」って名前のアプリとか自己啓発本とかあるらしくって競争が苛烈なのよ。今の所、僕のブログは第8位。なんかさ、最近、検索順位が下落傾向なのよ。以前は「超メモ帳」の一位は僕のブログだったんだ。どうも、はてなドメインパワーが下落傾向にあるらしいんだわ。


以前のはてなドメインは検索SPAMなんじゃないかってぐらいドメインパワーが強かった。どんなキーワードでもGoogleの上位にははてなブログがあるという時期があった。Googleが調整したらしくて今ではそうでもないんだけど、それでもはてなドメインSEOに強い。どうも、業者がそれに目をつけてるらしくて適当なワードサラダぶち込んだブログを大量生産している。はてなブログの新着エントリーなんかを見てると出会い系サイトの紹介ブログなんかがあったりするね。はてな運営はこれらをどう対処するか考えているのか知らないけど、放置してたらさらにはてなドメインの価値は落ちていくだろう。ある程度、ブログを育てたいと考えている人は独自ドメインへの移行を早めに考えておいたほうがいいでしょうね。


まぁいいのさ。今日の本題なんだけど、雑記ブログにそれほどPVが必要か?ということです。そもそも論なんだけど、「好きな事を書いて、金まで手に入れる」っていうのは、昔の少女漫画で目をキラキラさせている恋する乙女並みに夢見がちなんで考え方を改めましょうというテーマです。


nyaaat.hatenablog.com


ニャートさんのこのエントリーで全て説明されている気がするけど、ちょろっと要約しようかな。


ブロガーには稼ぐためにエントリーを書いている「ビジネスブロガー」と損得なしに好きな事を書いている「ポエムブロガー」がいる。プロブロガー人種なんかはビジネスブロガーだろう。ブログで稼ぐためには特定のジャンルに特化した特化ブログにしないといけなかったり、Google先生のご機嫌伺いが必要だったりして好きな事を書ける自由なんて全然ない。だけど、ビジネスブロガーは「好きな事を書いていたらたまたま儲かった」などと言ったりする。だから初心者が勘違いして「ブログで自由に生きるために仕事を辞めました」などという社会的自殺をたびたび起こす。好きな事を書きたいポエムブロガーはビジネスブロガーの言う事を真に受けてはいけないよってことです。


まぁなんちゅーかですね、ブログで好きな事を書きたい人はブログでマネタイズとか言っているエントリーなんかは視野にいれるのも不味いわけですよ。ブログで稼ぐためには相当な努力が必要。心を殺して、検索エンジン受けする文章を書き続けて上げないといけないわけですよ。同じブログを書くという行為でも、ビジネスか趣味かで苦労は雲泥の差があるわけですよ。自分は趣味でブログを書いているのに「今月は〇〇万PV○○万収益でした!」などという収益報告に惑わされて「ブログ飯だ!」と吹き上がるのは躓きの石だから気をつけようね。


でもねー、今までの理屈を全部覆すようだけど、好きな事を書いてブログでお小遣い稼ぎぐらいはできるよ。まぁ本当にお小遣い程度なんだけどね。ブログのネタをGoogle先生の趣味にちょっとだけ合わせてあげるだけで検索流入量が違う。はてなブログを使っている人は簡単に導入できるのだけどGoogle Search Consoleを使おう。そうすると自分のブログにGoogleからどんなキーワードでたどり着いたのか知ることができるので、そのキーワードを含めたエントリーを上げよう。これをブログのお題ネタぐらいに考えてやってみたらいい。好きな事を書くのも重要なんだけど、その情報を必要とする人に届けるための営業も必要さ。読者を増やそうとする努力まで否定するのはなんか違う、ポエムブロガーもある程度営業しないと本当に誰にも相手されず独り言を綴るハメになるよ。ビジネスとポエムをどの程度の比率でやるかってのはそれぞれのブロガーの力量次第だね。

地味で熱い世界「バドミントン」について語っちゃおうではないか。

f:id:yuki_2021:20170423203455j:plain:w300


今週のお題「部活動」


なーんかさ、最近、執筆活動をサボりがちなんだよね。平日はどうしても忙殺されるから土日の休みしか小説を書く時間がないの。これが効率が恐ろしく悪くてな。3万字程度の短編を書くのに半年とか掛かるのよ。一時期、僕はとんでもない遅筆なんだろうかと深く悩んだけど、何の事はない、実際書く時間が無いだけだ。そもそも毎日2000字のブログは書くことが出来ているんだから人並みの執筆スピードはあるはずなんである。毎日、小説を書く時間を捻出したら書けるはずなんだが、これ以上日々のルーチンを追加するのは難しいんだよな。僕が自分一人で自分のために何かできる時間ってのは21時から寝るまでの3時間程度しかない。それ以外は、就労移行支援に行っていたり、洗濯したり食事を作ったり何か家事をやってたりする。ブログを書く時間で1時間。日記を書く時間で30分。残り時間はネタ集めやブログ巡回をやっている。最近、ブログ巡回はスマホでスキマ時間にやるようにしたから少しだけ時間が余るようになった。毎日1時間程度は小説を書くようにしましょうかね。だけどこれが結構難しい気がするんだよな。僕は小説を執筆するためには世界観で頭の中を一杯にしないとキャラクターが動かないんだ。妄想に浸る時間がいる。実際に1時間程度だと、1日ちょっと2~3行程度書いて終わりってことになるかもしれない。でもまぁ、やらないよりはマシか。多分、妄想を膨らませるのに時間がかかるのは毎日書かないせいって気がする。毎日、書いていればそれほどエネルギーを使わずに小説を書けるようになるかもしれない。


さて、本題。はてな運営が毎週木曜日に出しているブログお題ってのがあってさ、今週は「部活動」だとさ。


僕は中学生の頃にバドミントン部に所属していたんだけど、幽霊部員だった。この中学校の頃のバドミントン部は毎年県大会で優勝するような強豪校だったのよ。だから練習がキツくてな、僕は根性無しだから逃げちゃった。今でもその頃のラケットとか持ってるよ。YONEXのエアロータス60って奴。プロも使う高級品ですっごく軽い。バドミントンは運動量がヤバイスポーツなんだ。プロの試合とか見たことある?ほぼ試合時間ずっと反復横跳びみたいに全身のバネを使ってコート中を飛び回ってるよ。だから持久力がないとすぐバテるんだ。だから、毎日10kmランニングとかが基礎練習であるのよ。他にも基礎練習で腕立て、腹筋、背筋を一セット30回3セットとかやってたな。1年生は基礎練習しかやらせてもらえなかった。


バドミントンはスマッシュの速度が全球技の中で最速と言われている。ちなみに世界記録はマレーシアのリー・チョンウェイが2015年香港オープンで記録した408km/hだって。バドミントンのスマッシュは舐めていると痛い目を見る。シャトルが軽そうにみえるから大した事無さそうにみえるけど、プロのスマッシュを体に当てられると500円ぐらいのアザができる。だから、得点を狙う時にわざと相手に当てにいくときもあるんだ。中学生程度のスマッシュでも痛かったからプロの世界がどういうものなのかは想像付かない。


バドミントンにも色々と戦術があるんですよ。卓球とかでは先陣速攻型とかカット主戦型とかあるじゃないっすか?バドミントンではドライブとスマッシュで押していくやり方とヘアピンでネット際に落とすやり方がある。まぁ、どっちが得意な選手なのかってのはあるだろうけど、使い分けて相手を走り回らせるのが基本的な戦術だな。後はクリアーで相手の後ろを狙うのが上手い選手とかもいたりする。僕は幽霊部員だから全然実技はわかんないけど4隅を狙うのが基本というのは教えられた。後は打ち分けることだね。如何に相手が嫌がる場所を狙って体力を消費させるかが勝負の分かれ目。


さて、色々とバドミントンについて語ろうと思ったけど、なんせ幽霊部員である。語れる内容には限界がある。色々と当時見たすごい人やテクを話していこうかな。


なんかさー上級者は立ったままラケットだけでシャトルを拾うじゃん。僕はあれができなかった。プロっぽい仕草なのでそれだけ練習していることもあった。出来るやつは1年の時から出来るから悔しい思いをしていたな。僕とおんなじような見栄っぱりはこの技術は是非覚えよう。初心者同士の試合で使うと意味は無いけど相手を圧倒できるぞ。


あとはすごい人かなぁ。僕の時代の中学バドミントン界には兄弟で大会の優勝と準優勝を独占している人がいた。久手堅兄弟とか言う人達だったかなぁ?県大会の予選でこの弟とあたっちゃって完封試合をされた。それはもうボッコボコである。クリアーを上げると即座にスマッシュ。苦し紛れにスマッシュを打つとクリアー気味でヘアピンに落とすなどの嫌がらせみたいな打ち分けをする人だった。0-21で試合を決められた。ちなみにこの大会で0点で完封されたのは僕一人だけである。恥さらしにも程がある。


こんなもんかなぁ。僕の中では今更、バドミントンもないんだよね。あれは見ててもつまらんけど、やってみたら奥深い世界ですよ。

プライバシーポリシー免責事項