超メモ帳(Web式)@復活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

「ブログ飯」とか言っている連中はHIKAKINぐらいやる気あるんだろうか?

f:id:yuki_2021:20170502211123j:plain:w300


労働について書こうと思うのだが、この話題はそもそも僕が偉そうに語れる話題なのだろうか?僕は統合失調症で失職して現在無職である。偉そうに労働観について極論を吐いた後「じゃあ、貴方の立派な職業を教えてください」と反論されると沈黙するしかなくなる。それでも、僕が「ブログで喰っていく」とか「レールを外れて自由に生きたい」とか「プロブロガー」などというキーワードに条件反射で噛み付くのには理由がある。


統合失調症などの精神疾患になってしまうと一般就労は極端に難しくなるのである。働きたくても働けないのである。精神状態とか体調が整っていて健常者並みに働けるような障害者であっても、A型事業所とか作業所などの授産施設以外の一般企業の求人というのは狭き門なのだ。ちなみに作業所は時給90円ぐらいが平均である。世の中の障害者は働きたくて働きたくて仕方がないのに、五体満足でちゃんとした企業に勤めた健常者が「働いたら負け」とか「社畜がどうこう」とか舐めた事を書いていると、僕みたいな口が悪いやつは「あ”?死ねよ」と直球のdisをぶち込みがちなのである。いや、健常者でちゃんと働けるやつが引きこもりみたいに家に篭ってPCだけを相手にして仕事するのが理想と言っているやつはマジでムカつく。いっぺん、統合失調症を発症してみろよ。精神状態とか体調にも波があって管理が大変だし、一般人は差別が直接的なのでカミングアウトするにしても緊張するんだぞ?自分がどれだけ恵まれた環境に居るのかも自覚していないのに、さぞかし不幸のどん底みたいな表現をした上で仕事から逃げようとする奴は只の阿呆だ。しかもこいつらは普通に働いている人も馬鹿にする。よく分からん選民思想まで持っているのである。


今日、Webを巡回していると下記の記事と動画を見つけたんだよね。


kabumatome.doorblog.jp



ヒカキン密着24時 〜YouTuberの裏側〜


一言で説明するとこんな動画である。



HIKAKINの事はあんまり知らなかったけど、ここまで過酷なスケジュールで動画作成をしながら投稿し続けているのかと見直した。いやだがしかし、あまりにも体に悪い生活をしすぎじゃなかろうか?毎食コンビニのサラダ用チキンと納豆だけの食事でブラックコーヒーをガブガブ飲み続ける生活習慣だとそのうち内臓壊して入院しそう。


それでも、Youtuberのトップクラスと言われる人の生活はこんな様子なのかと参考になる。HIKAKINの収入は動画の再生数から逆算すると年収1億は超えていると言われている。これぐらい収入があるなら人を雇って動画の編集なんかは任せたほうが良いんじゃないか?とおもうんだが、多分、本人なりのこだわりがあるのだろう。僕もニコ動で動画主をしてたことがあるが、動画編集はセンスがモロに出る繊細な総合芸術的な所がある。HIKAKINも人に任せたくないんだろうな。


YouTuberは男子中学生がなりたい職業の第三位になっている。


resemom.jp


だが、この動画を見せて今までとおんなじことが言えるのだろうか?HIKAKINは命を削って動画作成しているよ。楽に楽しみながら収入を得るなんて出来ないことを証明している。


好きな事を職業にするということは、人生全てを1つのものに捧げるのと同意である。その好きな事で心中する覚悟じゃないとやってらんない。世の中のプロブロガー志願者は果たしてブログに人生を捧げる覚悟はあるのだろうか?楽そうだからってやろうとしている奴が大半だと言う気がする。例えば、プロブロガーの泰斗のイケハヤ師などは毎日、賛否両論はあるが内容のあるエントリーをずっとアウトプットし続けている。ブログで喰っていくということはイケハヤ師と同程度の事ぐらいは出来て当たり前なのである。面倒くさい現実は無視して、自分の脳内お花畑だけで「ブログで喰っていく」などと言っていないだろうか?まぁこういう養分がいるからトップランカー達は輝いているのだろう。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項