超メモ帳(Web式)@復活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

どうやら方向性迷子になっていたようだ。

f:id:yuki_2021:20170501205737j:plain:w300


ここ最近の僕は血迷っているらしい。どうも、はてなの人気ブロガーになりたがってる形跡が見られる。古くからの読者諸氏は怒るだろう。「お前の方向性はそっちではない!」そう叱責する声が聞こえる。


一応、僕がブログを書いている理由って物を書くのが大好きだからって意味合いが強い。僕は何か簡単なメモであっても長文になる傾向がある。このブログでは毎回2000字でまとめて投稿しているが、これでも若干抑え気味である。何か三題噺で1万字ぐらい書いてという依頼であっても時間さえあれば嬉々としてやっちゃうだろう。ブログでも2000字書いているが、この後書く日記でもおんなじぐらいの分量は書いている。僕が文章を書くという行為は、頭の中の毒素を中和するためである。日常生活で不愉快なことがあれば何か文章を書きたくなる。なんか、書かないと思考がごちゃごちゃしてきて爆発しそうになるのである。これは多少、病的な色合いもある。女の子がおしゃべりで共感を求めてひたすら口を動かすのと似た現象なのかもしれない。僕の場合はブログであまり意味のない話題を長々と書き綴るという事に快感を覚えるのだ。


こうやってくどくどとブログを書く理由を綴っているが、公開前の下書きはもっと長い。一旦、下書きに思いついたこと全てを書きなぐった上で推敲して文章を削って本番のエントリーにしているのである。書くだけ書いて公開していないエントリーも多い。あまりにも内面に近づきすぎた文章は公開しても読者を辟易させるだけだろうなと判断して死蔵している。一発ネタにしても可燃性が高そうな事を書いてたりするんですよ。僕がブログに公開する文章で最大限注意しているのは炎上だけは絶対避けるってことである。その割にはヤバそうな文章書いてるじゃんお前。とツッコむ方もいらっしゃるだろう。炎上のコントロールで重要なのは不特定多数を怒らせないという一点に尽きる。僕のこのブログで書いている可燃性文章は、たとえ怒り始めるにしても煽り慣れした一部の人のみですぐにごめんなさいが出来るように身構えているという及び腰のなっさけない煽りなのである。炎上現場を沢山見てきた人は自然とそうなると思う。それでも燃える時は燃える。炎上時の対応方法としては、炎上の早期の感知と修正削除。初期での全面的な謝罪。拡散してしまった時はプライドを捨てて逃げ出すことなどがある。一番いいのは最初から燃えそうな話題を扱わないことである。はてなの有名な炎上ヲチャーは普段はどうでもいいような旅行先の写真などの話題をツラツラと連載している。それは弓の名人が弓を忘れる故事にあるように不穏さを感じさせない穏やかな様子なのである。だが、いざ祭りが発生となると、いつ調べていたのか分からないが炎上対象の過去のエピソードをみっちりまとめてきたり、予想される類焼先へのガソリン投入を開始する。炎上ヲチャーは見てないようできっちりと観察しているのである。彼らは家政婦並に全部見ている。敵に回してはいけない。


このブログは、好き勝手暴言を吐きまくるモヒカン族くずれの零細ブロガーというキャラ設定でいままでやってきたはずだ。それが最近はご近所さんと交流を始め「ご苦労様ですね。これからも頑張ってください!」などという歯が浮くような義理だけブクマなどもつけるようになってしまっておるのだ!まさしく恥だ!これからいきなり手斧を乱発し始めるとただの阿呆だが、意味のないブクマは控えるようにせねばならぬ。腐っても僕は一応モヒカン族のはずなのである。不合理な行動はとらないようにせにゃならぬ。はてなブログのキラキラ感に毒され過ぎている。


このブログの方向性を再確認させていただこう。このブログはただでさえマイノリティ属性の僕が極論を吐きまくるという、一見さんお断りな零細ブログの極北の様な場所である。しかも「嫌なら読むな」という看板まで掲げているという傲慢な家主がやっているブログなのであり、どう考えても共感を得るのは不可能な歪な思想の下で、さらに読者を苛立たせるのが目的の煽りをぱらぱらと振りかけて、そのくせ、どや顔で自己主張してくるという、読んだ人が不快になるエントリーを上げるという愉快犯が作者である。だが、勘違いしてはいけないのは僕は喧嘩するのは嫌だから、読んだ人が本気で怒る寸前で謝るという卑屈さで読者に立ち向かっているのだ。読んだ人の読後感は「なんか知らないけど不愉快」という普通に怒るよりも厄介な感情を抱くことになる。そういうブログをあなたは読んでいるのだ。


そもそも僕はマイノリティな意見を好き勝手書くためにブログをやっておるのだ。それが読者に媚びだして「読者数が増えない。なんでだろう……」などと甘ったれたエントリーを上げるのならば、すぐさま「GWにぴったり!細く長く楽しめるAmazonプライムのおすすめ映画30選」などいうPRエントリーを上げ始め、金の亡者にまで堕ちていくだろう。僕はこういう売らんかなのPRエントリーを書くのも嫌いではない。むしろ、やり始めると細かいところまでこだわってそれなりの品質の作品を作り出すことができる。このブログではあえてそういうPRエントリーのようなものを上げないようにしているのである。アフィリエイトで本格的に稼ごうと思うなら、別にブログを立ちあげてそちらで徹底的にやるだろう。ここは僕の心の止まり木のような場所なのだ。ここは僕が自由に情報発信できる場所なのである。いちいち他人の目を気にしなければならないようなアフィブログにするつもりはないのだ。僕は、ここで好きな時に好きなことを書く事ができるという心の贅沢をしているのである。


しかしまぁ、ここまで読んでくれた読者諸氏は「なんでここまでこの人卑屈なんだろう?」と疑問視するだろう。僕は一見、ツッパッているように見えるが実は超シャイなのである。褒め殺しという、敵対する相手を褒めそやして客観的な判断力を奪って失敗させるという攻撃方法があるが、あれは僕にも有効である。しかし、僕の場合は褒められて自信過剰になるというよりは、本気で照れ始め自意識過剰になってなにも手につかなくなるというのが正解である。基本的にカリスマ性というのが無いのである。根拠なき好意って奴がさっぱり理解できない。まかり間違っていきなり僕のブログが大人気になってしまうと何かしらの陰謀論を考え始めるだろう。それぐらい自分が人気者になるという事が想像できない。


なんかねー、書いた文章をたくさんの人に読んでもらいたいって感情もあるんだけど、それならもうちょっと体裁を整えなきゃならんだろうなというのは分かってるのよ。今ん所好き勝手自分の書きたい文章を書く殴ってるだけだもんな。書いた文章って人間性が如実にでるよな。もうちょっと客観的に見ても面白い文章を書かなくちゃな。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項