超メモ帳(Web式)@復活

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

あんまポジティブな事を書くと蕁麻疹が出るので手短に。

f:id:yuki_2021:20170403220622j:plain:w300


今日も軽く雑談から入ろうかな。


意外と沖縄県民も知らなくて、内地の人はもっと知らないという事実に「沖縄県民は風呂に入らない」というものがある。これは風呂に入らない汚い奴らばっかりという意味ではなくて、湯船にはいるという文化がないということだ。殆どの人が夏も冬もシャワーだけで済ませる。多分、沖縄県民にとっては常識過ぎて逆に意外な事実だと思う。最近、洗濯機の買い替えがあって湯船から水を取るホースってのが付いてたんだけど要らないからそのまま捨てさせた。取り付けに来ていたあんちゃんと話していたんだけど「内地から引っ越してきた人はびっくりするけど、沖縄では殆ど使う人いないっすね」との回答だった。まぁそうだろうな。湯船に浸かるって人自体が珍しいから浴室に湯船が無いケースも多い。内地の人がこの話を聞くと不潔だと思うらしいんですよね。沖縄県民にとってはそれが不思議。夏の汗かく日なんかは一日に何度もシャワーを浴びることもありますよ。湯船なんかに浸かると汗かいて大変だと思いますがね。冬は沖縄はそれほど骨身に染みる程寒いというわけでもないから湯船には浸からないし、夏はそれこそクソ暑いからシャワーだけで済ます。


だから、沖縄には温泉という文化もないんですよ。沖縄でも掘れば温泉は湧くらしい。西表島に天然温泉があったな。沖縄本島でも南部のユインチホテル南城では猿人の湯という温泉がある。でも、ウチナーンチュは物珍しいから行くだけで温泉それ自体に魅力を感じているかと言えば微妙だと思う。なんか温泉に浸かるのは熱くて駄目な人が多い。健康ランドもみんなサウナ目的で行く。だから、僕は岡山と東京に転勤で住んでたことがあるんだけど、びっくりしたのがナイチャーはみんな風呂好きなんだなということだ。色んな所に銭湯とかあるじゃん。温泉街へのバスツアーとかもあるじゃん。ウチナーンチュは風呂如きになんでここまでと思ってしまうのよ。


でも、僕は温泉街の雰囲気とかは好きだな。岡山にいた時はゴールデンウィークには蒜山高原辺りを一人でフラフラしてた。岡山の北部は本当にド田舎なのよ。旅館とかはもれなく温泉が付いていてな、意味もなく何度も浸かってた。あの手の温泉街で良いのは寂れた飲み屋街が近くにあることだな。適当なスナックに入って知らんオッサン相手にヨタを飛ばしてからかいながら酔っ払うのが最高に楽しい。沖縄は均一的に開発が進んでるからこんな田舎に行きたいと思ったら離島にでも行くしか無い。何処でもある程度、交通の便もあるしちょっと歩けばコンビニとかもある。大体、沖縄本島を一周したいと思えば車で3時間程度で最南端・喜屋武岬から最北端・辺戸岬まで行けるんじゃないかな?極々、狭い島である。沖縄本島はどこも開発され尽くして珍しいものはない。沖縄のちょっと小金持ちはゴールデンウィークは東京とかに遊びに行く。僕も金が出来たら由布院とか富良野とか行きたいんだよね。


まぁいいや。そろそろ本題に入るか。


僕はウェーイ系を蛇蝎の如く嫌っている。だが、ヲチャー系のような陰険な人種が好きかと言えば大嫌いである。facebookなどに巣食っている連中には「死ねばいいのに」との言葉を投げかけるが、炎上に喜々として集まる人種にも冷たい目線を送るのである。傍から見たら言動不一致のただの面倒くさい奴としか思えないだろうが、僕的にはバランスの取れたいい性格だと思う。ブログ運営に関しても「プロブロガータヒね」と言いつつも、ただの日常系ブログに埋没する気にはなれないのである。商売っ気ばかりのアフィブログをやるぐらいなら死んだほうがマシだが、本当に自分の生活のことだけしか書いてない零細ブログにはもうちょっと工夫したほうがいいんじゃない?と余計なお世話をしてしまう。本当に好きなもののストライクゾーンが狭いのである。


僕が最近最も注目しているブロガーはハルオサンである。前もちょろっと紹介したが、最近、さらにクールな発言があったので再度紹介してしまおう。


www.keikubi.com


人にアフィを勧める奴は何を勘違いしているのか分からんが、人気ブロガーがこういうアフィを否定する発言をすると脅迫メールまで送ってくるらしい。フミコフミオ氏のブログでも毎回粘着してアフィを貼れと連呼する阿呆がいる。ハルオサンは脅迫メールを突っぱねてまでアフィは張らないと宣言した。超かっこいい。僕が女なら惚れてる。ちなみに月38万PVらしいですよ。僕が凄いと思ったのはそこまでして自分の主張を正々堂々と語ろうとする姿勢である。この後、こっそりアフィを貼り付けたとしても「あらあらうふふ」ぐらいで許してしまうだろう。なんというか、ヤバイ人生送ってるのに心根が腐っていないのが素晴らしい。今日はこんな事を書いていた。


www.keikubi.com


こういう事をいちいち迷ってブログで書き出してしまう辺りが純粋だ。僕みたいな女が腐ったタイプはすぐさま2ch辺りで実名を垂れ流してサジェスト汚染を企むだろう。


まぁ、なんつーかさハルオサン。最悪の人生の末、何の因果か大人気ブログを手に入れて実際に復讐できる立場にはなったけどさ、実際に手を出すと暗黒面に堕ちるよ。というか、ハルオサンの現状の状態で既にオーバーキルの可能性もあるんだよ。「警察官」で検索一位って時点で多分、虐めた本人たちはもう気づいてると思う。こういう過去にとらわれずにポジティブに生きて幸せに死ぬことが最高の復讐だよ。まぁポジティブなハルオサンというのもサンシャインの悪魔超人の友情みたいな感じで何かアレだが。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項