超メモ帳(Web式)@復活

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

僕が一番怖いのは、褒め殺しに乗せられてその気になることだな。

f:id:yuki_2021:20170325213448j:plain:w300


ご意見貰ったので寸劇は止めときます。いやはや、すんませんね。僕はちょっと調子に乗るとああいうことを面白がってやっちゃうんですわ。もうコメント主さんは読んでないかもしれないけど、ブロガーにとって一番歓迎すべきなのは耳が痛いかもしれないけど率直なコメントなんですわ。ブログ書くという行為は孤独な作業で、レスポンスがない時期は全くの手探りで鉱脈を探さないといけないんだけど、ちょっとレスポンスが返ってくるようになっても独りよがりにならない題材選びが難しいものなんだなとは思う。今日はそのあたりをテーマにして語らせていただきたい。


でも、作った吹き出しキャラクターはピンポイントで使おうかな。ちょっとした文章のアクセントぐらいには便利なんですよあれ。後、ご意見いただいたスマホ版のページのフッター広告ははてな運営の広告なんですわ。ちょっとブログカスタマイズしたら急に出てくるようになった。自分もムカついているんだけどレイアウトへの影響なしに治す方法が今ん所、Pro版へのアップデートしか方法がなくてね、至急直せと言われてもちと難しいんですわ。ちょっとレスポンシブデザインへのカスタマイズを考えてみます。ご意見多謝 m(_ _)m


さて、今日はブロガーの考え方の態度について語ってみようかな。これは人生全般に影響するかもしれないな。表題で語っていることが全てなんだけど、世の中で一番タチが悪い人種は、褒め殺しでどうでもいいことを絶賛する奴である。純粋に褒めてくれる人は有り難いんだけど、中には悪意を持って相手を嵌めるために褒め殺しを使う人種もいる。こういう奴の手中で転がされてしまうと人生の急場で致命的なダメージを受けることになる。身の回りで褒め殺しを使うやつが居ないかは最大限、警戒したほうが良いってぐらいだ。これはブロガーとか他人からの評価を気にしないといけない立場の人間は当たり前に熟知していないといけないことである。普通の社会生活でもちょっと世慣れた人なら知っていることだろうな。世間には悪意を持って褒め殺しを使うやつは居る。


今、通ってる就労移行支援の事務所の代表がこのタイプでな「あ、本気で喧嘩しては駄目な人だな」と感じてる。事務所に全く無気力で、午前中は寝ていて事務所には午後からしか出席しないような社会的には全く通用しないだろうなという駄目人間が居るんです。コイツは一般就労とかは絶対無理でB型事業所ですら通用するかなというぐらいのやる気しかない。職員は今のままでは駄目だと説教するんだけど本人は全く馬耳東風。それで代表が何をし始めたかと言うと、この人のどうでもいいところを褒め始めたんですわ。しかもみんなの前で。普段の態度が最悪の奴だから代表もコイツにムカついたんだろうな。コイツは馬鹿だから気がついてないみたいだけど、傍から見てると褒め殺しなんだなと分かる。僕は代表のこの行為は陰険すぎてちょっと引く。態度が本気で、コイツを本気で潰すつもりなんじゃないかなというぐらいの冷たさなのよ。いや、多分、本気なんだわ。就労移行支援には契約期限があるんだけど、コイツはもうじき契約期限切れなんだけど就職活動してないの。子供の喧嘩に親が法律持ち出して乗り込んできたクラスの嫌がらせだろう。なんか嫌なものを見てしまったものだ。世間擦れした人はこういうことを普通にできたりするから嫌なんだよな。代表を上司にして企業では働きたくないな。


ブログでもさー、互助会なんかはまさに褒め殺しなんじゃないかと思うよ。どうでもいいことしか書いてないやつが調子に乗って炎上しそうな事を書いて、常連が褒めてブクマが伸びた所に古参が殴り込むっていうのがパターン化しつつありますからな。炎上する程度ならいいけど、まったくつまらないことしか書けない人間が褒め殺しで自意識だけ増大させていってどうでもいいまま埋もれていくっていうのは見えないだけで存在しているんだろうなというのは推察できるわけよ。どうでもいいことを書いているのに互助でブクマ集めてプライドだけ高くて、あるとき調子に乗って書いた一言で炎上してブログ閉鎖する奴はよくあるパターンですからね。ああいうのを他山の石にしてブログは謙虚に運営していないと不味いなーとは思うんですよ。ただ、僕の態度が悪いという指摘は勘弁してくだせぇ。天然でこんな感じの性格なんですよ。多分、互助会とかやり始めるとのめり込む可能性も高いからあえて批判的であるということはあるだろうな。


僕は褒め殺しされるのは怖いから「プロブロガータヒね」とか「互助会滅べ」とか「嫌なら読むな」とかのコワモテのセリフを書いて読者を選んでるってところはあるな。ちゃんとしたレスポンスを貰えるならいいんだけど、無闇に褒められて天狗になってどうでも良いことしか書かなくなるのが一番怖い。ブロガーはそれは警戒しないといけないよ。書いている自分が一番、批判的な読者でないとそのうち痛い目をみるだろうな。褒め殺しは本当に怖い。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項