超メモ帳(Web式)@復活

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

ネットの倫理観ってのは確実にヤバイ方向に進んでる。

f:id:yuki_2021:20170315221431j:plain:w300


「性の悦びおじさん」なる人物を知ってるだろうか? 最近、暴れている所を取り押さえる際に失敗してしまって死亡してしまったらしい。


breaking-news.jp


まぁ自分とは全く関係ない人物ではあるがご冥福をお祈りします。


それはともかく、僕はこの「性の悦びおじさん」を祭り上げて凸を仕掛けてる連中は「正気か?」とかなり不審な目でみている。やってるのは淫夢厨の連中がメインだけど、面白がって一般人も参加してたよな。実話系の雑誌まで面白がってインタビューしてた。いやさ、僕もヲチャーだから倫理を説ける様な人間でもないけど、人として踏み越えちゃいけない一線ってやつがあると思う。


僕が言わんとしていることは下記の2つの記事でまとめられているかな。


togetter.com


note.mu


いやさ、最近のニコ動の「例のアレ」カテゴリで暴れている連中は度を越してる。あいつら小学生ユーチューバーを特定して自宅凸を仕掛けて面白がってたりするんだぞ。統合失調症の集団ストーカー妄想持っているユーチューバーを本当に集団ストーカーして「妄想を現実化して治療に貢献している」と嘯いている連中ばかりだ。本当に反社会的な行動をしているので、僕は場合によってはインターネット・ホットラインセンターに通報している。犯行現場を見かけたら#9110番でいいとおもう。アイツらは只の犯罪者集団なので通報先は警察で十分だ。


「性の悦びおじさん」もこいつらにおもちゃにされていた。淫夢厨とかハセカラ民だけなら最低のゲス共が騒いでるだけと切り捨てる事ができるけど、一般人らしき人たちにまでtwitterで拡散されている現状をみるに、ネットの倫理観ってのがヤバイ方向に進んでいると思う。少なくとも、「性の悦びおじさん」の様子を盗撮した動画を見て何の後ろめたさも感じずに笑いという感情で共有して共感される社会ってのは、弱者は全く生きていけない過酷な社会だと思う。


まぁ、僕の行動は偽善的だと切り捨てることもできるかもしれんけどな、やって良いことと駄目なことの区別ができてない連中が増えすぎていて、ディストピア物のSFの序章みたいな状況になりつつあるのでないかと想像できて黙ってられんのよ。アレを見て何も思わずに面白いから拡散しようというユーザばかりの社会ってのは、社会的弱者は別に殺してもいいよねと簡単に差別意識を膨らませる可能性がある社会だろう。僕も寛解に近いけど一応、統合失調症当事者なんで黙ってたら殺される状況を看過するわけにもいかない。僕も不審者として警察のお世話になったこともあるからな。僕らの病気の人間はこんなのが流行り始めたら真っ先に対象になるだろう。


別に「性の悦びおじさん」みたいな変な奴は差別されるかもしれないけど、自分は大丈夫だよねと思っている人には、ニーメラーの言葉を送ろう。

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから


社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから


彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから


そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった


彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - Wikipedia


これはナチスを取り上げた詩だけど、集団心理が傾き始めた時はこんな状態になる。今は水面下でしか動いていないが、そのうち普通の障害者を面白がって動画で共有して笑う連中が世の中に溢れるかもしれない。こういう連中の好き勝手にさせないように牽制しておかないといけないのよ。これを放置すると障害者の次は生活保護受給者、その次はひきこもり、その次はニートというように差別する範囲をどんどん広げていくかもしれない。誰でもネットで吊るし上げられる炎上社会ってのは誰も幸せになれないだろうから明確に否定しておかないといけないだろう。


相模原障害者殺人事件の植松聖を英雄視する連中もいる。ネット弁慶の構ってちゃんが冗談で騒いでるだけとシカトしていると本気にし始めてリアルにまで影響出す奴がでてこないとも限らない。加藤智大がまさしくそうだったからな。僕みたいな、社会で起きていることに対して冷笑的な態度で対応している奴までこんな偽善的な反論エントリーを出さないと不味いなと感じるようになっている。全く、面倒な社会になったものだよ。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項