超メモ帳(Web式)@復活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

弱小ブログがアクセス数に悩んでいるよ。媚なきゃいかんのか?

f:id:yuki_2021:20161119202131j:plain:w300


アクセス数のグラフを見ていて胸糞が悪くなってきた。平均100UU/日。月では5000PV弱ぐらいだ。しかも、徐々にアクセス数が減ってきている。なんだ?毎日、それなりに苦労して更新しているのに読んではくれないのか? まぁ僅かな読者諸氏に愚痴っても仕方ないんだけどさ、驚くほど伸びないから今日はそれについて書かせてもらおう。


cards.hateblo.jp


アクセスアップの記事が気になって思わず検索してしまったよ。そしたら上の記事が目に付いた。まぁ、タイトルが全てみたいなエントリーだな。ブログってのは継続期間でどんどんアクセス数やアフィリエイト金額が上がっていくよ、って内容だ。


経験的にそれは違うと思うけどね。僕のブログは設立して10年以上だけどアクセス数は月5000だ。もちろん、毎日継続してきたわけでもないし、途中はてなダイアリーから引っ越ししてきたから断続しているという理由はあるだろう。それでも継続しているという意味ではそれなりのアクセス数を稼いでしかるべきというはずなんだ。でも月5000である。ブログ歴10年でもアクセス数全然伸びねぇよ。


僕が他人のブログを読む時、雑記ブログの場合、その人の思想とか生活に興味があるかで面白いかどうかは判断する。毎日継続して更新していればそれなりに目につくけど、ただの平凡な日常を綴っているブログはあまり興味を惹かない。雑記ブログで面白い人っていうのはほんとに貴重である。その人のキャラクターが直に面白さを決める。下手な専門ブログより難しいんじゃなかろうか? 言い回しとか表現が好きで読んでいる人もいるけど。


この人すごく面白いって人が中々更新してくれない事もある。こういうブログはもとより注目されている人たちである。アルファとかベータとかサードの人たちだ。この手のブログは見上げる存在だね。この人達の面白い切り口は真似することは出来ない。 こういう人たちは放っといてもはてブユーザが集まって祭り上げてくれる。一応、目標とする所はこんな注目される立場だけど、はてブで注目されるのは嫌だな。はてなブクマカは性格があまりよろしくない人たちばっかりなので、はてブが20個あるとしたら必ず一つはdisである。しかも神経に障る一言だ。僕は別にはてなで注目されるユーザにはなりたくないかなぁ。


はてなブログでアクセスアップを目的とするとき、避けることが出来ないのが互助会である。僕は別に互助会が悪いとは思わないけど、互助会で上がってきたブログは正直言って「つまんないよねー」とは言っておく。内輪の話題しかしてないんだもの。キャッキャウフフは良いんだけど、それ以外の読者は置いてきぼりである。はてブするときもお世辞を書いていかないといけないんでしょ? 僕はそんなに気性は荒くないけどモヒカン族なのでたまに手斧を放つ時がある。互助会してるユーザたちはdis耐性が全く無さそうなので、こちらから積極的に関わることはないだろう。しかしながら、互助会していても極稀に面白いブログがあったりするのでこちらも一応チェックはしている。しかし、本当に極稀だな。大概は、互助会してるのはまとめて佃煮にしてしまえってブログばかりだ。


プロブロガー。こいつらは僕にとってはただの敵である。何が気に食わないって、Webにゴミを撒き散らしているのに関わらずブロガーの代表みたいな顔していることだ。ヲチ対象以外の場合はなるべく関わらないようにしている。サイトがプロブロガー仕様のデザインの時には即ブラウザバックである。


ダラダラとブログに付いて書いてきたけど、アクセスアップをするために何せにゃいかんのかは書かなかったな。雑記ブログの場合はキャラクター設定が肝心である。毎日、読みたくなるような面白いキャラクターじゃないと読者は付いて来てくれない。雑記だからと本当に日常の事をダラダラと書いていても、継続して読んでくれる人は極僅かである。ちゃんと落とし所をわきまえた文章を毎日書かないといけない。読者に媚びるところは媚びなきゃいかんのである。それなりに芸を身に付けているブログは毎日読みたくなる。日常とプラスアルファの何かが必要不可欠なのである。


あとはタイトルぐらいかな? 読者が読みたくなるタイトルは常に考えておかないといけない。どんなに検索やランキングサイトで上位表示されてもタイトルが魅力的でないとクリックされない。タイトルは釣り気味ぐらいで良い。SEO的にもタイトルが一番と言ってもいいぐらい重要である。文字数は32文字はぐらいが良いらしい。経験則で言ってもタイトルがつまんないエントリーは内容もつまらない。タイトルはエントリーの顔なのでこれぐらいは頭を捻って作ろう。


さて、偉そうにアクセスアップを語っている僕だがブログのアクセス数は月5000だ。この程度だとアフィリエイトも月数百円である。魔法みたいにアクセス数を上げる方法は無い。SEO的なテクニックで爆発的にアクセス数が伸びるということは幻想である。雑記ブロガーは地道に毎日更新を続ける他ないのだろう。頑張って更新しているんだから、多少は自己顕示欲を満足させてくれても良いんだけどなぁ。後で、このエントリーが笑い話になるぐらいの成長をして欲しいものである。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項