超メモ帳(Web式)@復活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超メモ帳(Web式)@復活

統合失調症を患い、はてなからも逃亡。現在、復活のため準備中。


SPONSORED LINK

毎日更新を巡る、まとまりのない文章。

f:id:yuki_2021:20160928214225j:plain:w300


さて、見事にネタ切れのどツボに嵌ってる人がここにいるよ。以前からネタ切れ回避ライフハックを色々と書いてきた僕ではあるが、実際のブログ執筆の方法は定時にエディターを立ち上げて、その場で思いついた事を即興的に殴り書きするという非効率極まりない書き方である。アイディアを思いついた時に下書きなりEvernoteなりにメモを書き付けておけばいいのかもしれないけど、面倒くさくてやってない。以前からアイディアを温めていたエントリーもあるが、そんなものは毎日ブログを書く生活をしていたらすぐに使い果たす。エッセイを書いている作家たちはすげーなぁと思う次第である。


愚痴を書いていても仕方ないな。なにか発展的に文章を転がして皆様の暇つぶしに少しばかり貢献できる内容を書いていこう。このブログの方針はエッセイと日記の中間的な文章を毎日1500字から2000字程度書いていく事を目標にしている次第である。これはすっごく頭を使う。大体執筆にかかる時間は1時間程度である。毎日一時間程時間を取ることは、余暇がある無職の今しか出来ないだろうなと思う。仕事を始めたら、ブログ書く時間も取れなくなるんじゃないかな?と恐れている。まぁこれはその時になって考えればいいか。


ブログを続けている目的は文章の練習という意味合いが強い。小説も書くからね。その為の準備運動としてのブログ執筆のつもりだったけど、最近、小説を毎日書けていない。小説執筆は休日だけ行っている。小説書いている経験がある人から見ると恐ろしく遅筆で気が長いように見えるかも知れないが、3万字程度の小説に3ヶ月から半年掛けている。書き始めると書けるんだけど、そこまでの妄想をたぎらせる事がずいぶんと時間が掛かるのだ。やる気にならないというのが大きな問題かもしれない。


習慣づくり、というのが肝心なのかもしれない。ブログは毎日書いている。これは毎日書く時間にはPCを立ち上げてエディターに向かっているから出来ていることだろう。もし僕が毎日更新をやめて、思いついた時にだけ書くというスタンスを取っていたら今頃更新停止状態になっているでしょう。毎日決まった時間に決まった事をやるということがモチベーションを続かせるコツなのだろう。なので、週2、3回だけ更新するよりは毎日更新するほうがやる気が続く。


ただ、毎日更新で恐れていることがある。書きたいことを書き尽くして抜け殻みたいになっちゃって、似たようなスカスカの文章をダラダラと書き続ける人間になったらどうしよう。つまんない文章を書いていてもなにも楽しくないのだけれど、今のままだとこれはあり得る事である。


ニュースや書籍から新しい情報を取り入れて書けと言う人も居るかもしれないが、ブログに速報性を求めてやって来る人は少ないし、僕は全然、独創的な視点などを持って時事問題を書く力などない。はてなブログを彷徨っていると、凄いレベルの思考力でネットで話題のニュースを論じている人達がいっぱいいる。僕にはあの戦列に加われる自信は無いな。あくまで遊びのある文章で一次ソースベースの話を提供するというスタンスでやっていきたい。


さて、発展的な話といいつつ全然まとまりがない文章になってしまった。ネタ切れだなぁー。エントリーを牽引するほどの話題が見つからない。過去の自分の書いたブログを読み返すかね。自分で読んでみるとなかなかに良いことを書いているなぁと思うんだけどねぇ。過去の話題を掘り返してリライトするのはネタ切れには良い方法なのです。今日はここまで。

広告を非表示にする
プライバシーポリシー免責事項